県大会に出場する松尾聡子さんと田中克治さん=唐津市浜玉ひれふりランド

 若い経営者の主張唐松地区大会(県商工会連合会など主催)が12日、唐津市の浜玉ひれふりランドで開かれた。唐津上場、唐津東商工会青年部から4人が出場し、呼子町の広告業松尾聡子(あきこ)さん(36)と浜玉町の自動車整備業田中克治さん(34)が優秀賞に輝いた。2人は7月12日、同会場で開かれる県大会に出場する。

 松尾さんは加唐島産つばき油を使った洗顔石けん商品化の取り組みを紹介。地域資源を活用した化粧品全国コンテストで優秀賞を受賞したものの販路で壁にぶつかった時、青年部の仲間と全国ネットワークに支えられたとし、「地域を丸ごとデザインし、全国に発信していきたい」と話した。

 自動車整備工場の長男に生まれた田中さんは、決められた道への反発からの美容師となった時の心境を振り返りながら、「今では油にまみれたこの手を誇りに思うようになった」と家業と両親に感謝。経営革新の一環で思い立った低価格の中古エコカーによる新規顧客開拓の手応えと喜びを語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加