佐賀南署は13日、大麻取締法違反(所持)と覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、住所不定、会社員(33)=詐欺罪と詐欺未遂罪で公判中、盗みで起訴済み=を再逮捕した。逮捕は8回目。

 逮捕容疑は、今年2月9日、容疑者が出入りしていたとみられる宮城県仙台市のアパートで、大麻4・294グラム(2万5千円相当)と、覚せい剤0・008グラム(480円相当)を所持した疑い。容疑者は黙秘しているという。

 南署によると、容疑者を詐欺事件で逮捕後、同アパートを捜査したところ、大麻と覚せい剤、それを使用するための器具が見つかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加