鳥栖署は12日、傷害の疑いで、住所不定、自称中古車販売会社員の男(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は、4日午前2時半ごろ、鳥栖市内で同居している30代女性に顔を殴る、首を絞めるなどの暴行を加え、顔や首に全治1週間のけがをさせた疑い。容疑者は「首は絞めたが、殴ってはいない」と一部否認している。

 鳥栖署によると、2人は5年ほど前からの付き合い。女性は約3年前から複数回、同署に「同居相手に暴力を受けた」などと相談をしており、同署が容疑者に口頭で注意していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加