日本サッカー協会は11日、U-19日本代表ロシア遠征(17~28日)に参加する23選手を発表し、サガン鳥栖からFW田川亨介(19)が選ばれた。

 遠征メンバーはワールドカップ(W杯)ロシア大会を戦う日本代表のトレーニングパートナーとして招集された。19日の日本-コロンビア戦、24日の日本-セネガル戦を観戦し、U-20ルビン・カザンとの親善試合などが予定されている。

 田川はクラブを通じ、「いろいろな経験をして、チームに還元できるよう頑張る」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加