佐賀北署は10日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、佐賀市金立町千布、自称会社員の男(51)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後11時ごろ、佐賀市高木瀬町東高木の市道で、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑い。

 北署によると、信号待ちをしていた30代女性の乗用車に、容疑者の車が追突し、女性が110番した。駆け付けた警察官が調べたところ、呼気1リットル中0・4ミリグラムのアルコールを検出した。認否を記録する弁解録取書にサインはしていないが、口頭では容疑を認めているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加