「トヨ、お帰りなさい」「救世主になって」-。FW豊田陽平(33)の鳥栖復帰が正式に発表された7日、この日を待ち焦がれていたサポーターからは歓迎の声が広がった。

 チームは5月20日のリーグ第15節を終え、降格圏の17位。蔚山でのプレーは12月末までの契約だったが、早々の電撃復帰に「豊田さんの鳥栖への愛を感じた」と佐賀市の林美佑さん(21)。「いるだけでスタジアムの雰囲気を変えられる選手。厳しい状況を必ず救ってくれるはず」と期待を寄せる。

 チームは現在リーグで3番目に少ない14得点で、再開後は得点力向上が躍進の鍵となる。福岡県大川市の吉岡広喜さん(50)は「切れを取り戻した豊田選手を見たい。ゴールを決めれば誰もが喜ぶ」とエールを送る。

 「鳥栖の顔が戻ってきた」と喜ぶのは大ファンという伊万里市の中村由紀子さん(46)。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の経験を引っ提げたストライカーの帰還に「さらにグレードアップしていると思う。救世主になって」。ゴールを決め、両手を水平に広げる「トヨコプター」を待ち望む。

このエントリーをはてなブックマークに追加