小城署は6日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、小城市の無職の男を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は6日午前2時ごろ、小城町畑田の国道203号で、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑い。容疑を認めている。

 小城署によると、信号待ちをしていた60代女性の乗用車に、容疑者の車が追突し、女性が110番した。駆け付けた警察官が調べたところ、呼気1リットル中0・55ミリグラムのアルコールを検出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加