目録を手渡す県本部の水崎米吉副本部長(中央左)と受け取るふくしネットの古川善己理事長(同右)=佐賀市の鍋島中学校グラウンド(提供)

 全日本不動産協会佐賀県本部は障害がある人の社会参加を促す「佐賀中部障がい者ふくしネット」に寄付金10万円を贈った。

 佐賀市の鍋島中学校グラウンドで開かれたきらめきフェスタ内で贈呈式があり、県本部の水崎米吉副本部長がふくしネットの古川善己理事長に目録を手渡した。古川理事長は「非常にありがたい。大事に使わせていただく」と述べ、水崎副本部長は「今後も少しでも力になっていければ」と話した。

 きらめきフェスタはふくしネットが主催した。障害がある人が安心して暮らし、地域参加できる環境づくりを目的に開き、今年で7回目。

このエントリーをはてなブックマークに追加