瑞穂舞のチラシ

 天空を舞うような美しい動きから「天女の舞」ともいわれる「瑞穂舞」の佐賀公演が12月3日午後6時から、佐賀市文化会館で開かれる。同舞創始者の舞踊家・浅野瑞穂さんや佐賀、東京教室の会員ら26人が、森羅万象の世界を表現した美しい踊りを披露する。

 佐賀教室は2011年、浅野さんが吉野ケ里歴史公園で公演したことをきっかけに設立。県内での公演は4年ぶりで、今回のテーマは「熊本震災復興への祈りを込めて」。出演者は熊本への祈りの思いを込めながら14曲を舞う。

 入場料は指定3500円、自由2500円など(小学生、中高生割引あり)。実行委は「佐賀公演でしか見られない舞台演出が見どころ」と来場を呼び掛けている。問い合わせは実行委の古川さん、電話090(7163)7120。

このエントリーをはてなブックマークに追加