飛び入りの子どもたちも踊ったさがっぴぃ体操=佐賀市の西九州大短大部佐賀キャンパス

 親子の愛情を確かめ、絆を強める子育て応援ダンス「さがっぴぃ体操」が27日、佐賀市の西九州大短大部佐賀キャンパスであった子育てイベントで初めてお披露目された。子育て応援キャラクター「さがっぴぃ」と子どもたちが楽しく踊った。

 さがっぴぃ体操は、今年4月に誕生したキャラクター「さがっぴぃ」の知名度を上げ、親子や子ども同士で愛情が感じられる体操を作ろうと県などを中心に企画した。保育士や親たちの意見を取り入れながら、手と手が触れ合う愛情あふれるダンスになった。

 初公開では、キッズミュージカルTOSUの中学生2人が振り付けを披露。飛び入りの子どもたちが、2人の動きをまねしながら、笑顔で手をつなぎ跳ね回った。神埼市の軸屋愛子ちゃん(2)は「踊りは難しくなくて、楽しかった。さがっぴぃがかわいい」とさがっぴぃに抱きついていた。

 今後、「さがっぴぃ体操」のCDを県内の幼稚園、保育園に送り園児らに踊ってもらうほか、振り付け動画が「さが子育てポータルサイト」から視聴できるようになる予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加