佐賀市の母親のための情報サイト「SAGA iku Do」の記事を書く母親記者たち=佐賀市駅前中央

子どもを一時保育に預けた体験記事などを掲載するサイト

■「妊娠・出産」など4分野 ママ記者8人が発信

 佐賀で子育て中の母親のための情報サイト「SA(サ)GA(ガ) i(イ)ku(ク) Do(ドゥー)」がオープンした。インターネット上に情報があふれる中、佐賀の母親が本当に知りたい内容を届けようと、佐賀市内外で子育て中の母親8人が「ママ目線」の情報を発信する。

 サイトでは、記事を「妊娠・出産」「子育て」「仕事」「コラム」の四つに分けている。「子どもを公立保育所に一時保育で預けてみた」「妊婦も使えるパーキングパーミットを申請してみた」といった体験記事を掲載し、フェイスブックでも公開している。

 「子育て情報はネット上にたくさんあり過ぎて、佐賀の母親に有益な情報を見つけるのは難しい」と指摘するのは、発起人の池田眞由美さん(56)=佐賀市。自分たちで発信しようと今年8月にスタッフを募集し、サイトを10月に立ち上げた。

 参加者には、結婚や出産を機に県外から移住した人も多い。結婚後に熊本県から市内に移り住んだ山中みどりさん(35)は「何も知らないまま子育てをしていて孤独だった」と当時を振り返る。「今から佐賀でママになる人に、少しでも身近な情報を届けられれば」と話す。サイトは「SAGA iku Do」で検索できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加