フィリピン・カポネス島で警察が押収した財宝探しの道具(フィリピン警察提供・共同)

 【ダエト(フィリピン北部)共同】フィリピン警察は2日までに、「財宝探し」のため違法な穴掘りをしたとして、日本人4人とフィリピン人13人の計17人を逮捕し、シャベルやロープなどを押収。

 17人は財宝を見つけられず、どのような財宝を探していたかも不明。フィリピンには太平洋戦争中に旧日本軍が隠したとされる「山下財宝」にまつわる伝説があり、これを探しだそうとする者と地元民とのトラブルが多発していた。

 警察によると、日本人は40~60代の3人と15歳の少年。北部ルソン島サンバレス州沖にあるカポネス島で、約5メートル四方で深さも約5メートルの穴を掘った疑いがある。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加