地域の掲示板に付けるクリスマス飾りを作る児童=佐賀市の若楠小学校

 若楠小(佐賀市)の児童15人が26日、校区内にある掲示板にクリスマス飾りを付けた。折り紙で作ったサンタクロースや綿の雪で作った楽しげな飾りで、クリスマスが近づいていることを地域住民に知らせた。

 子ども会やPTA、自治会などでつくる「若楠校区地域子ども教室実施協議会」が企画した。児童たちは、協議会のメンバーに教えてもらいながらサンタクロースやリース、プレゼントの箱などを作り、掲示板の大きさに切った大判紙に飾り付けた。

 飾り付けた大判紙は、校区内3カ所の掲示板に張った。真剣な表情で飾りを作った3年の渕上舞衣さん(9)は「折り紙は難しかったけど、教えてもらったので今度1人でやってみたい。掲示板を見て喜んでもらえるとうれしいです」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加