今年8月に佐賀銀行箱崎支店(福岡市東区)に盗み目的で侵入したとして、福岡県警が建造物侵入の疑いで男3人を逮捕していたことを巡り、陣内芳博頭取は28日、「お客さまに心配をおかけする事態となり、申し訳なく思っている」と定例記者懇談会で陳謝した。10月に干隈支店(福岡市城南区)から数千万円が盗まれた事件に関わったとみられる行員については、11月7日に懲戒解雇処分にしたと明らかにした。

 「11月4日に起訴され、関与を認めたことから処分した」と説明した。氏名や年齢、性別、所属は言及せず、「事件の全容が明らかになってから説明したい」と述べるにとどめた。

 8月の事件を発表しなかった理由については「捜査中の案件であり、今後の防犯に問題が出ないよう公表しなかった」と釈明した。

 「8月の事件が起きてから防犯(を強化する)措置を取ったが、上のレベルでやられた」と話し、対策を講じたにも関わらず10月の被害を防げなかったことをうかがわせた。現在は支店の防犯を一層強化し「営業時間外は原則的に入室禁止にして、入る場合は警備会社が立ち会うようにしている」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加