瀬戸内しまなみ海道を自転車で

 広島、愛媛両県を結ぶ瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)や、その途中の島々を自転車で巡る催し「サイクリングしまなみ」が30日開かれ、国内外から3500人余りが参加した。

 愛媛県今治市内のスタート地点から広島方面に約10キロの来島海峡大橋では、秋晴れの下、参加者がカラフルなウエアを身に着け、連なってさっそうと駆け抜けた。沿道から声援を送るスタッフに「ありがとう。いってきます」と声を掛けたり、「風が気持ちいい」と叫んだりしていた。

 友人と参加した相模原市の会社員川田正晴さん(63)は約40キロを無事完走し「橋から見た島々の景色が最高だった」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加