衆院予算委で答弁する安倍首相=28日午後

 安倍晋三首相は28日午後の衆院予算委員会の集中審議で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る自身や昭恵首相夫人の「関与」について「お金のやりとりがあって頼まれて行政に働き掛けた、という意味での関わりはない」と説明した。これまで否定してきた「関与」を贈収賄に問われるような範囲に狭めて軌道修正した格好だ。「加計学園」の加計孝太郎理事長との会食費用は「加計氏が払うときもある」と明かした。

 首相は昨年2月の国会答弁では森友学園に対する国有地売却への関与について「私や妻、事務所が関わっていれば、首相も国会議員も辞める」と否定している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加