日本ボクシングコミッション(JBC)は28日、日本選手で初めて世界戦でのドーピング違反で処分を受けた尾川堅一選手(30)=帝拳=にプロボクサーライセンスの1年間停止処分を科したと発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加