警視庁、東京都千代田区霞が関2丁目

 17歳の少女に自身の下着姿などを撮影した「自画撮り」画像を要求したとして、警視庁少年育成課は28日、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都世田谷区の男(33)を書類送検した。自画撮りさせた画像の要求行為を禁止する改正都条例が2月に施行されて以降、摘発は初めて。

 少年育成課によると、同様の条例は兵庫県でも施行されているが摘発例はないという。

 送検容疑は、2月22日から25日にかけ、会員制交流サイト(SNS)を利用して、少女が18歳未満であることを知りながら「お金いっぱいあげるから送ってよ」などのメッセージを送り、少女の下着姿などの画像を要求した疑い。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加