佐賀県神埼市で2月、陸上自衛隊ヘリコプターが墜落した事故で、主回転翼の羽根と機体の回転軸をつなぐ「メインローターヘッド」の金属製ボルトが破損していたことが28日、政府関係者への取材で分かった。防衛省は同日、佐賀県に調査内容を説明する。

このエントリーをはてなブックマークに追加