マッタレッラ大統領との会談後、取材に応じるコンテ氏=27日、ローマ(ロイター=共同)

 【ローマ共同】イタリア新首相に指名されたジュセッペ・コンテ氏は27日、マッタレッラ大統領と会談し、組閣作業を断念したと伝えた。大統領は記者会見し、提出された組閣名簿のうち、経済財務相候補についてユーロ圏離脱を主張しているとして拒否したと表明、複数の政党から再総選挙の実施要請があり、検討すると述べた。

 コンテ氏は、3月の総選挙で躍進した新興組織「五つ星運動」と右派政党「同盟」が推薦。大統領が23日に新首相に指名し、組閣を命じていた。

 組閣名簿でコンテ氏は、欧州連合(EU)に懐疑的とされるサボーナ元工業・民営化相を経済財務相候補とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加