戦闘機と共に写る西口徳次さん(遺族提供)

 1945年4月29日、西口徳次中尉が搭乗した戦闘機の攻撃を受けた米軍の駆逐艦ヘイゼルウッドの映像。艦橋部分(中央)から煙が上がっている(豊の国宇佐市塾提供)

 鹿児島県の鹿屋基地から零式艦上戦闘機(ゼロ戦)で出撃した特攻隊員の西口徳次中尉=当時(23)=が1945年4月、沖縄近海で米軍の駆逐艦ヘイゼルウッドに突入した直後に同艦が大破、炎上している状況を記録した約2分半の映像が見つかった。27日、京都市内で開かれた慰霊祭で上映され、遺族らが73年を経て最期の様子を目にした。

 西口中尉の妹前田かよ子さん(80)=兵庫県芦屋市=は「まさか今になって見られるとは。見つけてくださりありがたい」と見入った。

 遺族から依頼を受けた大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」が、米国立公文書館で映像と関連資料を発見した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加