関西大戦で実戦復帰したアメリカンフットボール関西学院大の奥野耕世選手(右)=27日、大阪府吹田市の万博フィールド

 日本大アメリカンフットボール選手の悪質な反則行為で負傷した関西学院大の選手が27日、大阪府吹田市の万博フィールドで行われた関西大戦で実戦復帰した。試合後には騒動後初めて報道陣の取材に応じ「あのタックルは本来起こらないプレー」と非難したが、反則を犯した日大選手について「また選手として戻ってグラウンドで正々堂々とプレーし、また勝負できたらいい」と競技を続けることを願った。

 6日の定期戦でのラフプレーで負傷したのは2年生クオーターバックの奥野耕世選手。ボールを投げた後で無防備となった状態で背後から強烈なタックルを受け、腰などに全治3週間のけがを負わされた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加