日大は再回答書で指導上の「つぶせ、壊せ」の言葉は「反則を容認するものではなく、実際に犯罪としての傷害を指示する意図の発言ではない」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加