トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は25日、金正恩朝鮮労働党委員長に中止を通告した米朝首脳会談について、北朝鮮と「生産的な協議」を続けているとして「もし実現すれば(当初の予定と)同じ6月12日にシンガポールで開くことになりそうだ」とツイッターで表明した。1日で終わらない可能性もあるとしている。米メディアは途絶えていた米朝間の連絡チャンネルが再開されたと報道。会談再設定へ歩み寄りがあった可能性がある。

 米メディアによると、サンダース大統領報道官は25日「首脳会談を6月12日に開くなら、われわれは準備できる」と記者団に語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加