サンクトペテルブルクでの主要通信社幹部との会見で話すプーチン・ロシア大統領(右)=25日(タス=共同)

 【サンクトペテルブルク共同】ロシアのプーチン大統領は25日、サンクトペテルブルクで共同通信などと会見し、日ロ両国政府が協議中の北方領土での共同経済活動を通じ、4島交流、2国間関係を発展させていけば「最終的に平和条約締結に到達できる」との考えを示した。一方で北方領土問題については、1956年の日ソ共同宣言に基づき、歯舞、色丹の2島引き渡しで決着させる方針をあらためて示した。

 ロシア訪問中の安倍晋三首相は26日午後(日本時間同日夜)、モスクワでプーチン氏と会談し、共同経済活動、北方領土問題の進展を目指す。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加