【サンクトペテルブルク共同】ロシアのプーチン大統領は25日、サンクトペテルブルクで共同通信などと会見し、北方領土での共同経済活動を通じ、両国関係を発展させていけば「最終的に平和条約締結に到達できる」との考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加