政府は25日、働いて一定の賃金を得ている高齢者の年金を減らす「在職老齢年金制度」について、働く意欲をそがないよう減額幅を縮小する方向で検討に入った。2020年度の法改正を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加