アメリカンフットボール部の反則問題について記者会見し、冒頭に謝罪する日大の大塚吉兵衛学長=25日午後、東京都千代田区

 アメリカンフットボール部の反則問題について記者会見し、冒頭に謝罪する日大の大塚吉兵衛学長=25日午後、東京都千代田区

 日本大アメリカンフットボール部の選手が関西学院大の選手を悪質な反則で負傷させた問題で、日大の大塚吉兵衛学長が25日、東京都内で記者会見し、一連の騒動について「本学に責任がある」と謝罪した。指導陣による反則の指示があったかどうかで、危険なタックルをした宮川泰介選手と内田正人前監督らの主張が食い違っている点については「私からコメントは難しい。第三者委員会にまとめていただこうと考えている」と具体的な言及を避けた。

 大学の対応が後手に回り、騒動が拡大したことについて「対応が遅いという形になってしまった」と反省。危機管理が「残念ながらできてない状況」と認めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加