インターネットの端末別利用状況

 総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、インターネットを使う際にスマートフォンを利用した人の割合が54・2%に上り、パソコンの48・7%を初めて上回った。スマホがネット接続の主流になっている実態が改めて浮き彫りになった。

 過去1年間にネットを利用した人に対し、使った機器を複数回答で尋ねた。年齢別にみると20代の87・8%がスマホを使ったのに対し、60代では37・2%にとどまり、ばらつきが大きかった。60歳以上ではパソコンの利用がスマホを上回った。

 スマホの世帯普及率は75・1%とパソコンの72・5%を初めて超えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加