麻生太郎副総理兼財務相

 麻生太郎副総理兼財務相は25日の閣議後の記者会見で、財務省が学校法人「森友学園」との交渉記録を廃棄していた問題について「極めて由々しきことで深くおわび申し上げる」と陳謝し、関係職員を処分する方針を明らかにした。公明党の井上義久幹事長は会見で「政治家として、どう責任を取るかが一つの課題だ」と述べ、麻生氏の責任論に言及した。

 麻生氏は自身の責任について「反省しないといけない」と述べた上で「一連の問題にきちんと対応することで引き続き職責を果たしていきたい」とし、原因究明と再発防止に取り組む考えを示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加