開かれた衆院厚労委=25日午前

 安倍晋三首相が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案の採決に反対する立憲民主など野党6党派は25日午前、加藤勝信厚生労働相の不信任決議案を衆院に提出した。衆院厚労委員会は質疑を中断、休憩に入った。与党は午後の本会議で不信任案を否決後、委員会を再開し法案の採決に踏み切る構え。与野党の攻防は大詰めを迎えた。

 野党6党派は不信任案の提出理由について、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を巡る懸念が払拭されていないことに加え「加藤氏は不誠実な答弁を繰り返している」とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加