閣議後に記者会見する上川法相=25日午前、国会

 上川陽子法相は25日、現行で原則6歳未満としている特別養子縁組の対象年齢を引き上げる民法改正を、6月4日に開く法制審議会の臨時総会で諮問すると明らかにした。縁組に必要な実父母の同意要件の見直しも議論する。

 特別養子縁組は、児童養護施設にいる子どもに、家庭的、永続的な養育環境を与える選択肢の一つだが、年齢制限や同意要件が障害となって活用できていないとの指摘が出ていた。

 厚生労働省の有識者会議などは、対象年齢を引き上げ、縁組を5年で倍増、年間千件以上の成立を目指すとの報告書をまとめた。法務省の研究会も議論を進めている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加