米朝首脳会談中止について説明するトランプ米大統領=24日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで声明を発表し、米朝首脳会談中止を決断したのは敵対的な北朝鮮の言動を受けたものだと強調し、姿勢を改めるよう求めた。米政府高官は記者団に、北朝鮮側が予定された米朝協議に現れないなど「約束破りを繰り返した」ことを中止の理由に挙げ、核実験場を廃棄したとの主張にも疑問を呈した。トランプ氏は今後、北朝鮮に史上最強の制裁で「最大限の圧力」を加え続けると表明、挑発行為に及ばないようけん制した。

 トランプ氏は米朝首脳会談の中止は北朝鮮や世界にとって「大きな後退だ」と指摘。一方、後日に開く可能性はあるとした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加