2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について、東大教養学部の英語教員が「導入自体の妥当性を含め根本的に検討すべきだ」と五神真学長に見直しを申し入れていたことが24日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加