23日夜、日本大アメリカンフットボール部の反則問題を巡り、記者会見する内田正人前監督(右)と井上奨コーチ=東京都千代田区

 アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で日本大は24日、詳細な経緯などについての再回答書を関西学院大に提出する。関学大が17日に日大の回答に疑念と不満を表明し、改めて真相究明を求めていた。

 関学大は、日大アメフット部の内田正人前監督らが行った緊急記者会見を受け、日大からの再回答書への対応と合わせ、26日の記者会見で説明する方針を24日、改めて示した。日大広報部は24日、内田前監督が23日の会見後に心身の疲労を訴えて、東京都内の病院に直行して入院したと発表した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加