【北京共同】北朝鮮の崔善姫外務次官は24日、北朝鮮がリビアの前轍を踏み得ると述べたペンス米副大統領を非難し「非道に振る舞い続けるなら、朝米首脳会談の再考を最高指導部に提起する」と警告する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加