【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯の準々決勝(3戦先勝方式)の組み合わせ抽選が24日、バンコクで行われ、1次リーグA組を3戦全勝で通過した女子の日本はB組2位の台湾と対戦することになった。37年ぶりの優勝を目指す。

 C組で3戦全勝の日本男子は、A組2位のフランスとぶつかる。

 準々決勝は24日に行われ、勝てばメダルが確定。日本女子は午後2時(日本時間同4時)から、男子は7時(同9時)から行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加