スペシャルゲストの吉沢明歩さん(提供写真)

 エイズやエイズウイルス(HIV)を通して文化を考える「第4回AIDS文化フォーラムin佐賀」が、26、27の両日、佐賀市鍋島の佐賀大学鍋島キャンパスで開かれる。現役AV女優の吉沢明歩さんをゲストに迎え、11の講演会や交流会で理解を深める。

 26日はケニアのHIVやエイズの現況と国際協力活動を紹介する「ケニアのエイズ対策と青年海外協力隊の経験」、現役教諭が小中学校の性教育を紹介する講演会がある。

 僧侶古川潤哉さんの司会で吉沢さん、青木洋介さん(佐大医学部附属病院)、高濱宗一郎さん(九州医療センター)が語る「吉沢明歩と語るHIV/AIDS」は、医大祭のメインステージで開く。

 27日はアフリカでのボランティア活動でHIVに感染した保健師の講演会、福岡で開かれているHIV陽性者の交流会を疑似体験できるトークセッションがある。

 運営委員の古川さんは「一人一人が知り、関心を持っていてほしい事柄がテーマ。同時開催の医大祭も楽しんで」と話す。問い合わせは佐大保健管理センター分室内のフォーラム運営委員会、電話0952(34)3215へ(平日の午前9時~午後5時)。

このエントリーをはてなブックマークに追加