イラク日報問題で記者団の取材に応じる小野寺防衛相=23日午前、防衛省

 陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報隠蔽問題で防衛省は23日、担当者の不適切な対応などが原因で組織的な隠蔽はなかったと結論付ける調査結果を公表し、国会にも提出した。同省は陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)教訓課の担当者を最も重い減給、監督責任を問い豊田硬事務次官を口頭注意、河野克俊統合幕僚長を訓戒とするなど計17人を処分した。

 小野寺五典防衛相は「防衛省、自衛隊が組織として防衛相の指示に適切に応えられず、シビリアンコントロール(文民統制)に関わりかねない重大な問題をはらんでいた」と指摘。安倍晋三首相から「再発防止に全力を挙げてほしい」と指示を受けたと述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加