国際ソロプチミスト佐賀クラブ表彰の受賞者ら=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 国際ソロプチミスト佐賀(鶴洋子会長、33人)の第41回クラブ表彰式が18日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれた。「夢を生きる賞」に西九州大短期大学部地域生活支援学科2年の長尾純子さん(50)、「社会ボランティア賞」にNPOスチューデント・サポート・フェイス(SSF、谷口仁史代表理事)が選ばれ、それぞれ賞状と賞金が贈られた。

 長尾さんは介護・福祉の資格取得を目指して短大に通い、子育てをしながら勉学に励んでいる。SSFは行政や学校、医療などの他職種連携のネットワークを築き、不登校や引きこもり、ニートの若者らを支援している。

 西九州大の学生ボランティア団体「シグマソサエティクラブ」にも助成金を贈ったほか、世界各国で現地の人たちと壁画を描く活動に取り組んでいる画家のミヤザキケンスケさん=佐賀市出身=にも活動資金を贈呈した。

このエントリーをはてなブックマークに追加