22日、ホワイトハウスで会談するトランプ米大統領(右)と文在寅韓国大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで会談し、6月12日にシンガポールで予定される史上初の米朝首脳会談について「延期の可能性が相当ある」と述べ、米国が求める条件が満たされなければ見送ると北朝鮮をけん制した。また最近の北朝鮮の態度硬化は中国の影響との見方を示し、不満を表した。米朝の橋渡し役を自任する文氏は、会談実現を強く促した。

 北朝鮮は核実験停止や核実験場廃棄を表明したが、保有核兵器の放棄には踏み込んでおらず、米国が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に抵抗している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加