5月6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大QBに背後からタックルする日本大の宮川泰介選手(関学大提供)

 日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受け「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったことは事実。ただ、これはゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味」と説明し、意図的な指示ではないことをあらためて主張した。

 会見では「(宮川選手から)監督が違反プレーを指示したという発言はなかった」と指摘。コーチの言葉には「誤解を招いたとすれば言葉足らずであったと心苦しく思います」と説明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加