【クアラルンプール共同】マレーシアのナジブ前首相は22日、政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職疑惑の事情聴取を受けるため、首都クアラルンプール近郊の汚職対策委員会を訪れた。マハティール首相は疑惑の徹底解明方針を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加