Q 私は15年以上前に消費者金融から借金をしましたが、返済を途中でやめてしまい、もう10年以上返済していません。借金のことはすっかり忘れてしまいましたが、つい最近、債権回収会社から請求書が届きました。請求書には、一部でも支払いをしなければ裁判をするとの記載があります。どうしたらよいでしょうか。

 A あなたの借金は消滅時効が完成している可能性があります。

 消費者金融などの事業者からの借り入れの場合、これまでに判決や調停など、裁判所の手続きで支払いが命じられたことがなく、最後の借り入れまたは返済から5年以上取引がない場合、借金を返せという金融業者の債権は時効によって消滅します。もし過去に裁判などがあったとしても、確定してから10年で時効が完成します。

 ただし、時効は、所定の期間が経過すれば当然に消滅するわけではなく、債権が時効によって消滅したことを主張しなければ、消滅の効果が発生しません。これを「援用」といいます。消滅時効の援用は、債権者に対して配達証明付きの内容証明郵便で行うのが安全で確実な方法です。

 少額でも支払いをしたり、支払いをすると約束したりすると、その時点から所定の期間が経過しない限り時効の主張ができなくなります。また、訴訟や支払い督促などを起こされた場合に放置すると、消滅時効になっていても相手方の請求通りの判決が出てしまい、消滅時効を主張できなくなります。

 長期間支払いをしていない借金の請求があった場合や訴訟を提起された場合には、ひとりで判断して実際の支払いや支払いの約束をしてしまう前に、弁護士に相談しましょう。

 仮に時効になっていなくても、借金を放置し続けていると、延滞金の増加や、貸金業者から訴訟を提起されて給与などの財産を差し押さえされることもありますので、少しでも早い専門家への相談をお勧めします。(弁護士 名和田陽子 佐賀市)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加