アメリカンフットボールの悪質反則問題で、関西学院大の選手を負傷させた日本大の選手が22日の記者会見で、内田監督とコーチの指示に基づいて反則をしたと主張することが分かった。関係者が21日、明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加