障害の有無に関わらず、学びやすい地域づくりに取り組む佐賀市の北川副小で12月3日午後2時から、発達障害についての講演会がある。当事者親子が楽になるための支援の仕方などを学ぶ。参加無料。

 同校やPTA、地域学校運営協議会でつくる実行委員会の主催。講演は校区の人たちや、発達障害に関心がある人たちが対象。

 広島市で発達障害の子どもを支援している特別支援教育士スーパーバイザーの竹内吉和氏が「発達障害のある子を持つ親の気持ちと、親への支援のあり方」をテーマに講演。発達障害を告知すること、ケアすることなどについて語る。

 同校は2006年度に県内で初めて発達障害の通級指導教室を設置。担任ごとに指示内容が変わらないよう、掃除や給食などの手順や決まりを定め、児童が戸惑わないよう工夫している。北川副校区の現状や小学校の取り組みについても紹介する。

 問い合わせは同校、電話0952(23)6096。

このエントリーをはてなブックマークに追加