減少が懸念されている太平洋クロマグロを巡り、国際機関がまとめた最新の資源評価結果が21日、分かった。2024年までの資源回復目標を達成する確率が98%に高まり、日本などの関係国が漁獲枠の拡大を検討できる情勢になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加