東京電力福島第1原発事故の後、福島県内に設置された約3千台の放射線監視装置に、運用開始から5年間で不具合が計4千回近く起きていたことが20日、関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加