佐賀公演でショパンの名曲を披露するシャルル・リシャール=アムラン

佐賀公演でショパンの名曲を披露するシャルル・リシャール=アムラン(c)Higashi Akitoshi

 ショパン国際ピアノ・コンクール2位など注目の若手ピアニスト、シャルル・リシャール=アムランのリサイタルが27日午後2時から、佐賀市文化会館中ホールである。誠実なタッチで紡ぎ出される包容力のあるメロディーが会場を魅了する。

 カナダ出身のアムランを一躍有名にしたのが、2015年の第17回ショパン国際ピアノ・コンクール。本人が「晩成型」と言うように、同回入賞者で最年長の26歳で2位に入った。同時にソナタ賞にも選ばれ、注目を集めた。

 同年9月には、ショパン後期の作品を収録したファーストアルバムをリリースし、世界の評論家から賞賛を浴びた。ワルシャワ・フィルやモントリオール・シンフォニーなどと共演を重ね、有名音楽祭にも出演する。

 佐賀公演はオール・ショパン・プログラム。ノクターン第20番「遺作」、ポロネーズ第6番「英雄」をはじめ、バラード、即興曲とショパンの魅力が詰まった曲を披露する。真摯(しんし)に作曲家と向き合うアムランは、自然体の温かな音色が好評を得るが、佐賀の地でどんな音を響かせるか楽しみだ。

 ▽チケットは全席指定5300円。問い合わせはRO〓ONクラシックの会、電話0952(26)2361。

このエントリーをはてなブックマークに追加