「人工知能の時代では個性が大切になってくる」と語った脳科学者の茂木健一郎さん=佐賀市のエスプラッツホール

 脳科学者・茂木健一郎さんのトークショー「第5回スーパープレゼンテーション」(佐賀新聞文化センター主催)が28日、佐賀市のエスプラッツホールであった。人工知能(AI)をテーマに、世界各地で急速に進むAIをめぐる開発を紹介し、参加した約80人に向けて「人間にとって個性が大切な時代になってくる」と語った。

 茂木さんは動画サイト「ユーチューブ」に配信されている動画を見せながら、米IBMが開発した「ワトソン」や米Uberが生み出した配車サービスなど、世界で起こるイノベーションを引き合いに、「世界はものすごいスピードで進んでいる」と説明。さらに「人間は知識や記憶でAIには勝てない」と話し、ビートルズの最後のゲリラライブの映像を出して「これからは彼らのような、発想力や想像力など人間としての個性がより大切な時代になる」と解説した。

 「頭が良いとは」という会場からの質問に、茂木さんは「状況を見てとっさに判断し、気を利かせることができること」と答えた。

 第6回は来年2月27日に開催予定。先着300人で、入場料は2160円。問い合わせは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加